コンプライアンス体制

コンプライアンス体制図

コンプライアンス体制図

当社では、コンプライアンスを会社の重要課題の一つとして位置づけており、コンプライアンス部を中心に社内のコンプライアンス体制の構築、並びに、各部署にコンプライアンス担当者を置き、社内全体のコンプライアンス意識の向上を推進しています。さらに、業務内容については、内部監査室が適宜監査を行うことにより、高い倫理観を持った事業活動が行えるよう体制を整えています。また、役職員から法令違反行為等に関する通報受付窓口を内部監査室に設置し、法令違反行為等の未然防止および早期発見ができる体制を整えています。

コンプライアンス委員会は、当社取締役会の諮問機関として、コンプライアンスに関する重要な事案について討議しています。当委員会は、代表取締役を委員長として、外部の弁護士などの専門家も迎え、公平な議論がされるよう図られています。

また、当社が対外的な活動を行う際には、事前にコンプライアンス部にて確認を行うといったチェック体制が整っています。

コンプライアンス行動指針および
コンプライアンスマニュアルの制定

当社では、年度ごとにコンプライアンス行動指針およびコンプライアンスマニュアルを定めています。これらはコンプライアンス部にて立案し、取締役会での承認を経て成立しています。

コンプライアンス行動指針は、当社が役職員に対し法令遵守に対する意識の徹底を推進するための年間計画となっており、役職員研修や、内部管理態勢の整備・強化などについて、1年間で取り組むべきテーマや、具体的な活動内容について定めています。

コンプライアンスマニュアルは、日々業務を行う中で意識するべきコンプライアンスについて定めており、社内規程同様、全役職員が常時閲覧可能な場所に公開するとともに、年度の始めには周知し、役職員のコンプライアンス意識の定着に努めています。

社内研修の実施

当社では、毎年度研修計画を策定した上で役職員に社内研修を実施しており、会社や従業員の現状に則した研修となるよう努めています。且つ、外部から講師を招くなど、客観的に会社や業務について考察する機会を作ることで、研修の実効性を高めています。それに加えて、各部署のコンプライアンス担当者に向けた研修を行う等、より一層のコンプライアンスの徹底に勤しんでいます。

また、当社の加盟している各協会主催の研修やセミナーには積極的に参加しており、業界の動向を常に把握するよう努めています。
さらには、全ての役職員に対して、証券外務員等の当社が加入する各協会の外務員資格試験の取得を推奨する等、継続的な知識向上に励んでいます。

倫理コードの保有

当社では、従業員が業務を遂行する上での基本的な心構えとして「倫理コード」を定めております。
(倫理コードURL: https://securities.dmm.com/_pdf/rinri.pdf

ページTOPへ
Pマーク

【投資にかかる手数料、リスク等について】

DMM FX/CFD 投資にかかる手数料、リスク等について

店頭外国為替証拠金取引、店頭デリバティブ取引及び、店頭商品デリバティブ取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
また、DMM CFD-Indexでは、個人口座、法人口座とも取引の額に対して10%以上、DMM CFD-Commodityでは、個人口座、法人口座とも取引の額に対して5%以上の証拠金が必要となります。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。

DMMバヌーシー 出資にかかる手数料及びリスク等について

DMMバヌーシー(競走用馬ファンド)は、お客様が出資した元本の保証はなく、また収益が保証されているものでもありません。 出資された競走馬の馬体状況等によっては、競走に出走することなく引退することがあり、出走した場合においても、出資元本を上回る賞金を獲得できないことが十分にあります。 出資金を預託する競走用馬ファンド口座の管理費用は無料です。 本ファンドは金融商品取引法第37条の6(書面による解除)の適用を受けないため、本匿名組合契約にクーリングオフ制度はなく、本匿名組合契約成立から終了までの間、お客様から中途解約を行うことはできません。
(2017年度募集馬について)
お客様が購入時に一括でお支払い頂く出資金には、競走馬出資金、運用管理費預託金、ファンド運用管理費預託金、出資手数料が含まれています。
(2018年度募集馬について)
出資金のお支払いは、月払方式、一括払方式からご選択いただきます。月払方式をご選択されたお客様の初回お支払額は、競走馬出資金、維持費出資金(保険料のみ)となり、飼養管理に係る維持費出資金は、出資馬の運用開始日より月定額にて追加支払い義務が発生します。また、出資金とは別に、運用開始日より月額会費をお支払いいただきます。 なお、月払方式ご選択の場合、運用開始後に発生する月額費用の支払いが2か月未払いとなった場合には、当社はお客様より、お客様が保有する持分を無償で承継するものとします。 一括払方式をご選択されたお客様が購入時に一括でお支払いいただく出資金には、競走馬出資金、運用期間中(保険料は運用開始月から3歳10月まで)の維持費出資金が含まれています。また、出資金とは別に、運用終了まで発生する月額会費を購入時に一括でお支払いいただきます。
(2019年度募集馬について)
お客様が購入時に一括でお支払いいただく出資金は、競走馬出資金となります。但し、運用開始日以降に購入する場合には、既に発生している維持費出資金(保険料含む)についても購入時に一括でお支払いいただきます。飼養管理に係る維持費出資金は、当該出資馬の運用開始日より毎月定額(保険料は2歳1月から運用終了日が属する年まで毎年1月のみ)にて追加支払いの義務が発生します。また、出資金とは別に、運用開始日より月毎に会費として月額750円(税別)をお支払いいただきます。会費には、複数口出資の場合に月額3,000円(税別)までとする上限を設けますが、その算定に2018年度募集馬出資分の会費は含まれません。運用開始後に発生する維持費出資金及び会費の支払いが2か月未払いとなった場合には、当社はお客様より、お客様が保有する持分を無償で承継するものとします。

DMM 株 投資にかかる手数料、リスク等について

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券、国内外上場外国株式等(以下「上場有価証券等」)の売買は、元本及び利益が保証されたものではありません。株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、外国株式等は、価格に変動がない場合でも為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
信用取引では、売買代金の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要であり、保証金の最大約3.3倍のお取引が可能です。信用取引は、お預けいただく保証金に比べてお取引可能な金額が大きいため、価格や上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により損失が生じることがあり、また、その損失が預託された保証金の額を上回るおそれがあります。
上場有価証券等の売買等に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定の適用がないため、クーリング・オフの対象にはなりません。
口座管理費及び口座開設手数料は無料ですが、各取引毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。

各サービスに係る上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

手数料及びリスク等に関する重要事項の説明